写真家井口育紀ウェブサイト お知らせ 作品紹介 作品展のお知らせ 写真ギャラリー バイオグラフィ お問い合わせ
           
オリジナルプリントの仕様

展示作品の額装オリジナルプリントをご購入いただけます。

ギャラリーにてお気に入りの作品がありましたらお申し込みください。

オリジナルプリント作品価格表(改訂 : 2013年10月27日)
フレーム マット (mm) 画像長辺(mm) 最大制作部数 販売価格(税込)
12" X 15" 305 X 381 180 (170) 20 ¥30,000 から
16" X 20" 406 X 508 315 (300) / 230 (220) 20 ¥48,000 から
20" X 24" 508 X 610 420 (400) 20 ¥78,000 から
24" X 30" 610 X 762 550 (525) 10 ¥120,000 から
プリント画像サイズ(写真サイズ)は額縁(マット)の大きさよりも各辺平均で80mmから100mm程度小さくなります。画像サイズ ( )括弧内の数字は、画像縦横比が 1 : 1.26 の場合です。表示価格はデジタル顔料プリント、額装、前面普通アクリル仕様の場合です。低反射アクリル仕様につきましては別途お問い合わせください。全ての作品には、プリントペーパー上の下部にエディション・ナンバーとともに作者サインが入ります。

作品の仕様について

額装プリント作品は使用する素材の品質を保つと、原価的に見てもそれほど安く制作できるものではありません。また長期に渡って比較的デリケートな 銀塩プリントやデジタル顔料プリントの持つ美しさを保つためには、アーカイバルな長期保存に適した品質の素材が求められるのが現状です。価格は少し高くなりますが、せっかくの高価な買い物ですから、永くその美しさを保てたらと考えて制作しています。また銀塩プリントの場合、仕上がり具合によっては再プリントを行うため、また額装仕上げ等の日数を考慮して、仕上がりまでおよそ1カ月以内程度の時間を頂きます。仕様につきましては下記の記述をお読みください。また不明点は遠慮なくお問い合わせください。

プリントの種類について

販売作品のプリントの種類は、ファイン・アート・ーパーなどへのデジタル顔料プリントとなります。ファイン・アート・ペーパーは、微光沢表面のテクスチュアー面を持つ100%コットンファイバーの高品質ペーパーです。

フレーム等について

額装仕上げについては高品質のアルミフレーム(P.G.I 製)を使用します。色はシルバーまたはブラックです。シルバーの場合、アルミ表面がケミカル処理されていますので、ややチタンカラーのような落ち着いた品位の表面仕上げとなります。額装前面はアクリル板となります。ガラスでの額装は落下時等の危険から通常では使用しません。アクリル表面には帯電防止クリーナーを使用します。静電気によるホコリ等の吸着・汚れにも安心です。低反射アクリルの使用につきましては別途お問い合わせください。額装背面の押さえボードには作者の名前、連絡先、フィルムまたはデジタル原板のナンバー、プリント制作年月日などを表示する紙ラベルが貼付けられます。

作品のエディションナンバーと作者サインについて

プリント制作枚数の制限につきましては、作品サイズによって異なりますが、多いいもので20枚(各サイズ)、少ないもので10枚(各サイズ)を限度といたします。特にデジタル顔料プリントの場合については、同一画像(写真)であっても、インク、ペーパー、プリンター等の新たな組み合わせで制作された作品につきましては、区別できる程度にプリント仕上がりが異なる場合、新規にエディションナンバーがふられることがあります。

プリントには品質を確認の上、エディションナンバー.(7/20など)とともに作者のサイン(井口育紀)等が記入されます。エディションナンバー、作者サイン、およびプリント情報等は、写真に影響を与えない場所に、鉛筆またはパーマネントインク等での記入となります。記入場所はプリントペーパー上の下部余白部分となります。(額装状態では見えないものもあります)

ブックマットの材料について

マットボード等、構成材料 額装のための前面マットボードおよび写真プリントを固定するバックボードは、写真の長期保存に適した、pH 調整された高品質のものを使用しています。(コットン100%ミュージアムボード) 通常の前面マットボードの色は白(ブライトホワイトやソフトホワイト)のVカットとなります。 ボード厚みは4plyです。 その他、プリント固定用のマウントコーナー、粘着テープ、またプリントの平滑面を保つための裏打ちシート(必要に応じての使用)、接着剤(必要に応じての使用)などにつきましても、ア-カイバルな素材を用いますので、長期展示保存、画像の変態色につきましても安心していただけます。

Copyright (C) Iguchi Yasunori All rights reserved.  Last Updated Dec.11, 2017

写真とその周辺